プラス癌

ガンは遺伝する?

ガン,遺伝

「がんは遺伝する」そんな話を聞いたことはありませんか? 親戚や家族にガンにかかった人がいると、自分も癌になりやすい、という人の話も比較的頻繁に耳にします。
がん細胞は体内で発生していても、がんとして発症するまでにはある程度の期間がかかります。また、発症するきっかけの多くは生活習慣等の環境要因にあるといわれています。しかし確かに、祖父母や両親と同じ種類のがんが見つかったという人は身近な所にも数人いるのですよね。実際に遺伝によって発症する可能性が違っているのでしょうか?


遺伝するがん

がん家系

がんは隔世遺伝しやすい、といわれる事があります。これまでの研究では、ほんの一部分だけですが、実際に遺伝するがんが存在する事がわかっています。しかし、ガンそのものが遺伝するというより、誰もが持っているガンの元が増殖するのを抑える働きを持った遺伝子が遺伝的に欠如している為や、ガンになりやすい体質を親から遺伝的に受け継いでいるケースです。
またその他に、細胞がガン化する特定の遺伝子変化でみられる事もわかっています。この変化を起こす遺伝子は家族性がある為、発がんしやすい家系といえます。

遺伝性のがん

抑制遺伝子の欠如によって発症するタイプには、網膜芽腫やウイルムス腫瘍等の疾患があります。目や腎臓にできる悪性腫瘍で、小さな子供のうちに発症する数少ない遺伝性のがんです。
また、遺伝する家族性大腸ポリープや色素性乾皮症は、それ自体はがんではありませんが非常にガン化しやすい傾向がある遺伝病です。両親のどちらか、もしくは近い親族にこれらの病気を持っている人がいる場合発がんする可能性が遺伝的に高いと考えられます。その他、乳癌の発症にも遺伝情報が大きく関係しているものがあります。

がん遺伝子と免疫細胞

全ての人が持っているガンの元

私達の体を構成している細胞には、10万個以上もの遺伝子とその情報が詰まっています。
その遺伝子の中に、”プロトがん遺伝子”があります。がん細胞だけでなく正常細胞の新陳代謝や成長等、生命維持に欠かせない重要な役割がありますが、これに異常が起こるとがん細胞の増殖を制御する事ができずがんを発生させてしまいます。同じ様に、がん細胞の増殖や発育に関係する”がん遺伝子”は数十種類発見されていますが、全て誰もが持っている遺伝子ですなんです。つまり、みんなガンの元を生まれつき持っているのです。

発がんを抑える細胞

がんの元となる”プロトがん遺伝子”に異常が起こっても、私たちは体内に免疫細胞を持っているので、これが正常に機能すればそう簡単に細胞がガン化する事はありません。しかし、体質や環境等の発がん要因が加わったり免疫細胞の欠如、遺伝的な体質や疾患等の要因が組み合わさることによって細胞がガン化してしまいます。
そのため、細胞ががん化する条件や発がん要因に対して、どの程度免疫機能が勝っているかがポイントになります。

なりやすい体質

暴飲暴食を繰り返しストレス環境にいたとしても、胃癌や大腸がんになりにくい人となりやすい人がいるように、発がんしやすい人としにくい人がいます。これには、体質が大きく関わっていると考えられています。
怪我が治りやすい人、治りやすい人、または、体調が崩れやすい人等は解毒や修復能力の差によって表れているようです。まだ、ハッキリと解明されていませんが、このような体質が、遺伝的に親から体質を受け継いでいることで、発がんしやすい人としにくい人にわかれるのではないかと考えられています。