プラス癌

咽頭癌|喉頭がん|食道癌

咽頭癌,喉頭がん,食道癌

声を出したり、栄養分を体内に取り込む為の”飲み込む”という役割がある首周辺で発生するがんなので、治療を進める際にも病巣である腫瘍を切除すればいいというわけではありません。できる限り外科的な切除治療ではなく、器官機能を損なわない放射線やレーザーを使った治療が行われますが、これらの治療だけで治すためには早期発見が重要となります。しかし、進行速度が比較的早かったり、習慣的な刺激による異常はなかなか自分で気が付きにくい為、発見が遅れて他の部位に転移してしまうケースも多く見られます。


咽頭癌

特徴・原因

たばこやアルコールが主因と考えられていて、愛飲者人には高い発症率が見られますが、日本での発症率はあまり高くありません。また、慢性鉄欠病症も関係があるといわれています。
特に鼻と喉の間、管腔上部に発生する物は”上咽頭癌”と呼ばれます。この部分はすぐ下でリンパ組織が非常に発達している為、リンパ系の腫瘍ができやすいのが特徴です。また、口を開けた時に見える範囲の腫瘍は”中部咽頭癌”といい、扁桃がんや舌根癌等の種類があります。さらに下部で、食道の手前部分の腫瘍は”下咽頭がん”となります。

症状

上咽頭癌は、鼻や耳等の器官に近い場所に腫瘍ができるため難聴や耳鳴り、頭痛等の初期症状が見られます。がんが進行すると痰や鼻水に血が混じる事もありますが癌の症状として判断する人は少ないようです。中咽頭癌や下咽頭がんの場合、初期症状として現れるのは扁桃腺の腫れや喉がしみる、物が飲み込みにくい等風邪や他の気管支疾患でみられる症状と酷似しているため、中々気が付きにくいのが特徴です。また、癌が進行すると首周辺にシコリが出来る事があります。その為、この段階で発見されるケースが多いようです。

喉頭癌(声門がん)

特徴・原因

声門癌ともばれる喉頭癌は、日本人に発生頻度の高い癌の一つです。中でも男性の発症割合は女性に比べ10倍になるというデータもあります。原因としては、栄養の偏りや歯肉炎・虫歯、入れ歯等、口腔内の衛生状態が深く関係していると考えられています。また、胃酸による刺激も発症原因となり、胃食道逆流が起こる人に多くみられます。
咽頭癌と同じく発症場所によって、声門上癌・声門下癌に分けられますがリンパ系への転移が少ないのが特徴です。また、早期に発見されることが多く治療が行いやすいタイプと言えます。

症状

初期段階では、声がかすれる、喉に違和感や異物感がある、物が飲み込みにくくなる等の症状が見られます。進行すると、食べ物などを飲み込む時に痛みを感じたり、その痛みが頭部に響いて感じられる事もあります。また、出血や呼吸困難等の症状もあらわれます。声門上がん・声門下がん共に自覚症状が現れやすい事から、早期の段階で発見しやすいタイプです。そのため、治療効果が現れやすく予後の状態も比較的良好となります。

食道癌

特徴・原因

男性は女性の4倍近くの発症割合を占めるがんで、さらに60歳以上の高齢者に多くいという特徴があります。他の癌に比べると発症頻度はあまり高くありませんが、進行が非常に速く転移も起こりやすいことから、治療が困難になりやすく大変やっかいなタイプの一つとして知られています。
主因としては、咽頭・喉頭がんと同じくアルコールやたばこですが、熱い食べ物や辛い刺激物を好む人にも多くみられます。

症状

食道がんの自覚症状は、胸やけや月賦の量が増えるなど、普段の体調不良や老化による消化機能の衰えで見られる物と似ています。そのため、症状があらわれても市販の胃薬や消化薬で対処を続け、癌の発見が遅れるケースも多いようです。さらに状態が進行すると、吐血や胸部の痛みを感じるようになります。