プラス癌

膵臓癌|胆嚢癌|胆管癌

膵臓癌,胆嚢癌,胆管癌

血圧をコントロールしているインスリンを分泌する膵臓や、肝臓からつながっている胆管やその途中にある胆嚢は、自分の体内であってもどの位置にあるのかハッキリ把握していない人も多いことでしょう。そのため、これらの器官に異常が起こってもすぐに膵臓に異常が起きている、とか、胆道がんかもしれない、等と病院を受診するケースはほとんどありません。そのため、単なる体調不良と考えて早期発見が遅れるケースも多いのでこういったがんも数多く発症しているということをしっかり把握しておきましょう。


膵臓癌

原因と特徴

消化器系の癌の中では1,2を争うほど多く、ライフスタイルの欧米化や遺伝性の体質異常が原因にだといわれています。また膵臓で発生した癌をスクリーニングする方法が確立していない為、早期発見が難しいのも原因といえます。
左右の端が十二指腸・脾臓と接していて、右から膵頭部・膵体部・膵尾部と呼ばれます。もちろん一つの臓器ですが、内分泌・外分泌と異なった物質を分泌しています。全体の9割以上が外分泌腺の部分で細胞がガン化します。また、周辺のリンパ節や小腸、胃等に転移しやすいのが特徴です。

症状

最も多い外分泌系の初期症状は他の疾患でもみられるような吐き気、食欲減退、下痢または便秘などの便通異常、消化不良、むくみ等で癌による症状であるかを自覚するのは困難です。しかし、進行スピードの速いタイプの場合には、胃の辺りを中心として腹部・背部にかけて突き抜けるような激しい痛みを伴ったり、黒に近い色の尿や黄疸があらわれたりもします。
また、内分泌系の場合通常以上に腫瘍が増殖するケースもあります。この場合、昏睡や痛み、体重の異常減少等糖尿病でもみられる症状が顕著に表れる事もあります。

胆嚢癌・胆管癌

特徴

肝臓から十二指腸へ胆汁が送られる管を胆管といい、胆管の途中にあって胆汁を一時的に貯蔵しておくための袋を胆嚢といいます。この2 つの器官で細胞がガン化するとあらわれる症状やリスクの違いがありますが総じて”胆道癌”と呼ばれています。さらに胆管は肝臓〜直接伸びている部分と総肝管、胆嚢につながる胆嚢管、胆嚢から十二指腸につながる総胆管に分けられます。同じ管状ですが部分によって”乳頭部癌”・”総胆管癌”・”三管合流部癌”・”管門部癌”・”肝内胆管癌”と分けられます。

リスクの高くなる原因

胆嚢がんは進行が早く特に女性に発症しやすい事がわかっています。反対に胆管がんは進行が遅く男性に多いのが特徴です。両方とも年齢的には50代以上の中高年に多くみられますが、中でも50〜70歳が特に発症リスクが高くなるようです。
胆汁を送り貯蔵しておく器官ですから、胆汁の含まれる成分による刺激で胆嚢炎や胆石が出来ると、これが胆嚢壁の細胞に異常を引き起こしガン化します。
胆嚢癌は6割以上の疾患者が胆石を合併していますが、肝管癌疾患者には胆石症の合併はあまり見られません。

症状

胆嚢癌の場合、初期段階での自覚症状はほとんどありません。しかし、胆石症を合併していると胆石による痛みや食欲不振などの症状があらわれることもあります。また、進行スピードが速い為、初期症状に気が付かないまま進行し慢性的な嘔吐や倦怠感などが顕著に表れて初めて気が付くというケースが多いようです。
胆管癌は胆嚢癌と違い、黄疸の症状が比較的早い段階で現れます。また、痛みや違和感等自覚しやすい症状があらわれます。