プラス癌

自覚症状と早期発見

自覚症状,早期発見

癌の自覚症状とは、特定の症状があるわけではありません。癌細胞が発生した器官やタイプによって様々な状態になります。
特に初期段階では、自覚症状がなかったり、ただの体調不良と変わらない事も多く、早期発見が難しい場合もあります。また、癌細胞が成長、転移るに従って周辺の組織にまで影響を及ぼします。その為ハッキリと自覚症状が現れた時にはガンがある程度進行している事も多いのです。
得に発症リスクの条件に当てはまる人は、現れやすい自覚症状を認識して定期的な検査で早期発見を心がける事が大切です。


自覚症状とは

他の疾患の症状が自覚症状となる

体内に癌細胞があるというだけで現れる症状というものはほとんどありません。
癌の自覚症状と呼ばれているのは、他の器官や臓器が癌細胞によって浸食・圧迫されて正常に機能できなくなる為に引き起こされる症状です。そのため、圧迫されたり浸食された器官や臓器に起こりうる他の疾患と同じ症状が自覚症状として現れてくるのです。
例えば、慢性胃炎の人や膀胱炎、生理不順がある人は、胃癌や子宮癌、卵巣癌を発症しても癌の自覚症状だとは気が付きにくい傾向にあります。

体の部位別にみた主な症状

脳腫瘍

頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り・言語障害

肺がん

声のかすれ・咳・血の混じった痰・咳・呼吸時の胸や背中の痛み

食道癌・咽頭がん・舌癌

痛み・食べ物を飲み込む時のつかえ感・声のかすれ・腫瘍・治りにくい口内炎

乳癌

シコリ・ひきつれ・痛み

胃癌

吐き気・胃の痛み・もたれ・むかつき・食欲不振・食べ物の好みの急激な変化

肝臓がん・脾臓がん

黄疸・腹部の異常膨張・食欲不振・体重減少・腹部や背中の痛み

大腸がん・直腸がん

血便・腹痛・排便困難・下痢・便秘

腎臓がん・膀胱がん・前立腺がん・睾丸がん

血尿・排尿時の痛み・腹痛・排尿困難

子宮体がん・子宮頸がん・卵巣がん

生理不順・おりものの増加・おりもののにおいや色の変化・不正出血・痛み

早期発見と治療後の予防

精密検査で癌の早期発見

ガンを早期発見する為には精密検査が欠かせません。
体調不良に対し、対処療法を続けても症状が改善されない場合や、明らかな体重の減少や顔色が極度に悪い状態(がん悪液質)が続く場合には、がんを疑う必要があります。この時、悪性腫瘍(ガン細胞)の有無を確認する方法は各種の精密検査なのです。
実際ガン以外の疾患でもガン悪質の症状が出る事がありますし、精密検査は時間がかかりますが、ガンを早期発見し治療効果を少しでも高める為に、精密検査を受ける機会を増やしましょう。

再発・転移を防ぐために

癌は、初めに癌細胞が発生した場所で異常分裂を繰り返した後、血管やリンパ管に転移する事で他の臓器や部位に転移する事になります。全身くまなく行きわたっている血管・リンパ管への転移が起こる前に、発見・治療を行う事がガン治療において大変重要となります。
また、癌の種類によって転移しやすい部位や場所があります。がん細胞が実際に発見された後、全ての体調不良を転移と考える必要はありません。しかし転移しやすい場所を知っていれば、再発や転移した癌を早い段階で見つけ対処できる可能性が高くなります。