プラス癌

がん検診

がん検診

がん検診とは、癌細胞や悪性腫瘍の有無を調べ、がんかどうかを確定する為の様々な検査の事です。特に日本人がかかる割合の高い、胃がん、大腸がん、肺ガン、女性の場合は、特に子宮がん、乳がんなどを調べるための癌健診は、職場などで行われる健康診断の中にも部分的に取り入れられています。がんを早期発見する為に、会社等の集団組織がまとめて癌検診を行うことを、「癌のスクリーニング検査」といいます。


検診の流れ

理学的検査

理学的検査では、医師が口腔内の粘膜の状態や色、異常個所等を目で見て確認する視診や甲状腺やリンパ腺など体に直接触れて異常が起きていないか確認する触診など、体に負担の全くない検査のことです。癌を見つけるための癌検診とは、この理学的検査を受けることから始まります。この時、問診によっても家族や親族内に癌疾患者の有無がいるかどうかを聞く事で遺伝定期な要因があるかどうかを確認します。


精密検査

理学的検査で何かしらの異常やより詳しく調べる必要性を意志が感じた場合には、エックス線・MRI・超音波・マンモグラフィー等の精密検査が行われます。この検査では、理学的検査で正確に判断できなかった異常と思われる原因の特定を行います。また、これらの精密検査とは、体にあまり負担のかからないものが多い為、癌特定検診以外でも会社等の健康診断でも取り入れられている事があります。


病理学的検査

精密検査によって細胞の異常が確認できた場合、その周辺部位から細胞や分泌物等を採取してその中に癌細胞が含まれているか、腫瘍の種類(悪性・良性)やタイプ、進行具合等を、顕微鏡を使って調べます。このサンプルを採取して行う病理学検査には、細胞診検査と組織検査の2種類があります。細胞診検診には、子宮頸がんで行われるバップスメア検査等が含まれます。


癌検診で行われる主な検査

カメラ
ファイバースコープ

胃カメラや大腸カメラを使って癌の有無を調べる検査です。胃がんの割合が高かった日本では、以前から胃カメラをつかった検診は比較的受けられてきました。しかし、大腸がんが急増しているにもかかわらず、大腸カメラ検査を行う人はまだ少ないのが現状です。特にリスクの高い男性は、年に一度は大腸カメラ検査を受けることをお勧めします。


バップスメア
(子宮頸部細胞診)

性的な活動がある女性の場合、10代でもこの検査を受けた方が良いとわれています。また、性的な活動が行われている18歳以上の人もこの検査を定期的に受けて癌の早期発見に努めるように推奨されています。この検査とともに、子宮内膜組織検査を行う事で子宮頸部がんだけでなく子宮体がんの予防・早期発見が可能になります。


マンモグラフィー

マンモグラフィー検査は、乳がんの早期発見に大きな役割を果たしている検査です。2つのエックス線を使って乳房を挟み込むようにして撮影します。やや強く圧迫して検査を行うため、若干痛みを感じるケースもあるようですが、体を傷つけることはないのでリスクが低く、癌の早期発見と予防に非常に貢献している検査といえます。乳癌の予防・総発見には、マンモグラフィー検査だけでなく、胸部レントゲン検査を合わせて行うことがおススメです。