プラス癌

癌の外科治療

癌,外科治療

外科治療とは、異常増殖しているガン細胞とその周辺の異常細胞を切除するという“手術”のことです。また、外科治療は、癌に対して人間が行った最初の治療方法でもあります。
外科的治療である手術は、病状を直接目で見て確認で来る検査方法であり、治療であり、さらに治療によって損なわれた機能や部分を修復・緩和する事が出来る手段ともいえます。


癌の手術を受ける前に…

外科治療と非外科治療

外科治療では、初期段階であればある程手術が容易で癌細胞の完全切除(根治治療)となる可能性が高くなり、再発や転移の可能性も少なくなるというメリットがあります。しかし、手術は体への負担が大きくなるため、患者が手術に耐えられないと判断される場合もあります。
反対に非外科治療は、比較的体への負担が少ない治療方法です。しかし、がんの状態や進行・転移の具合によっては治癒効果が期待できない場合や効果が出るまでに時間がかかる場合、副作用が体に及ぼす影響といったデメリットもあります。

インフォームド・コンセントを行う

がんの効果的な治療法であると同時に、大きな負担やリスクを伴うのが、手術つまり「がんの外科治療」です。そのため、手術の前には必ずインフォームド・コンセントをしっかりと行い、手術の内容や目的、メリット世デメリットに納得してから受けることが大切です。

目的(治療・緩和・検査・病状のコントロールなど)

手術を受けることによる病状の回復予測とリスク(身体機能の損失や障害など)

手術を受けなかった場合の病状の変化予測とリスク

現時点で効果的と思われる代替治療の有無と種類、メリット・デメリット

手術の種類と目的

ガン細胞とその周辺組織を切除

「がん」に対して外科的手術を行う場合、病巣と考えられる異常部位だけでなく、その周辺の組織やリンパ節も同時に切除します。これは、ガン細胞自体がある程度の大きさにならないと発見できないことから、周辺にも確認できない程度のガン細胞が含まれている可能性があるためです。
初期段階のがんに対して外科治療を行い周辺組織やリンパ節を含めて全てのガン細胞をそり除く事が出来たと判断される場合には治癒治療つまり「根治手術」となります。

リンパ節を摘出

ガンの手術では、異常部位の近くにあるリンパ節も切除します。これは、ガン細胞がリンパ説に入ると、リンパ管を通して全身のいたるところで転移を起こしてしまう可能性があるからです。このリンパ節の摘出は「リンパ節郭清」と呼ばれ、がんの転移や再発を防ぐためにもっとも重要な項目であるとされています。
リンパ節郭清が不十分だと、「相対治癒治療」と呼ばれ、術後も再発・転移の可能性が高い状態といわれます。

予防手術

ガンがハッキリ確認できるほど大きくなる前に行うのは相対的で「予防的手術」と呼ばれ、ガンに変化するリスクが高いとされている部分も切除します。例えば、大腸がんの人が受ける潰瘍性大腸炎の人の結腸切除もその一例です。また、ガン細胞は発見されていなくても子宮頸部に異常が見られた場合には、将来ガン化する可能性が高い「前ガン病変」として切除する事があります。これらの手術をがんの予防手術といいます。

検査手術

治療を目的とした切除手術の際、病変部位の進行具合や周辺組織への転移を検査する為に組織の一部を検査の為に採取したり、手術途中で超音波検査をおこなう事も外科治療の目的の一つです。
開腹手術ではなく、スコープや内視鏡を使って検査をしながら組織を採取する場合も、検査目的の手術と考えられます。