プラス癌

放射線治療

放射線治療

放射線治療とは、現在ガン治療を行っている疾患者の半数以上が受けている治療の一つです。化学療法等の代替治療や外科治療との併用治療が一般的ですが、吐き気や脱毛などの副作用を気にしている人も多いようです。しかし、最近では副作用についても納得できるまで説明を受けたり、細かい対応を受けより効果的に治療を進められるようになっています。
放射線治療は、異常臓器の機能や形をできるだけ温存できるというメリットがあり、特に乳癌(乳がん)や子宮ガンなどの治療に用いられるケースが増えています。


放射線治療とは

仕組み

胃や肺を調べるエックス線撮影検査のx線を利用して体の外側から異常部位のみに刺激を与えて治療を行うのが放射線治療の仕組みです。エックス線は自然物質からも微量に放射されているものですが、放射線治療に使われるのは高エネルギーのエックス線や放射性同位体などのエネルギーを利用してガン細胞や悪性腫瘍をイオン化して増殖できないように働きかけます。
悪性腫瘍の中には、これらの放射線に対する感受性が高いタイプと比較的低いものがあり、感受性が高いタイプほど放射線治療が有効的です。

副作用

放射線治療を行うと、髪の毛が抜ける脱毛減少や食欲不振、吐き気、体重の急激な減少、下痢、脱力感など副作用が表れることは一般的に知られています。治療終了直後に最も強く副作用を感じるという場合も少なくありませんが、治療を終了すると一定期間の間に自然と改善されます。
一般的な生活に支障をきたすような場合には、仕事を休んで治療のみに専念する人もいますが、状態によってはできる限り普段の生活を維持したまま治療を行えるように専門の医師や看護師と副作用についてしっかりと話し合う必要があります。

種類と感受性

他の治療法との併用

手術や内視鏡検査等の外科治療と併用される場合には、手術前後に体外から一定期間放射線を照射し、異常細胞の働きを弱める「術前照射・術後照射」があります。また、手術中に医師が直接異常部位を確認しながら照射する「術中照射」もあります。
また、化学療法と併用する場合には、抗がん剤によって放射線治療の効率を高めるといった利用方法もあります。さらに、照射治療を行っていない間にガンが進行しないよう、抗がん剤で異常細胞の働きを抑えるという目的で、お互いの良い点を利用した治療になることもあります。

特に効果的ながんの種類(感受性が高め・やや高め)

放射線治療が特に効果的だといわれているのは、リンパ系の癌(悪性リンパ腫)や血液の癌と呼ばれる白血病、骨肉腫、乳がん、腎臓がん、前立腺がん、陰茎癌、セミノーマなどがあります。
また、それよりもやや感受性は低くなりますが、舌がん、咽頭癌、食道がん、肺ガン、皮膚がん、子宮ガンも放射線治療が比較的有効だといわれています。
こうした「がん」には、一定期間有効量の放射線治療を続ける事でより効果的な結果が得られるため、積極的に治療に取り入れられる傾向にあります。

放射量の決定

正常な細胞に当たってしまうと、正常な細胞のDNAにも傷が付いてしまします。
そのため、ガン細胞や悪性腫瘍のDNAにより効果的にダメージを与えられる放射線の総線量を専門医が割り出します。次に、これをどの程度の期間何回に分けて照射するのが最も有効かをきめます。
放射線治療の成功のカギは、ガン細胞や腫瘍がどの程度のサイクルで増殖しているかを把握し、できるだけ短い期間でターゲットとなる腫瘍やがん細胞に決定的なダメージを与える分割計画を立てる事がポイントになります。