プラス癌

レーザー治療

レーザー治療

レーザー治療は、がん細胞の活動を止める放射線治療の一つです。現在一般的に知られている放射線治療は、エックス線やガンマ線、電子線等ですが、レーザー治療にはレーザー光線が使われているのが特徴です。その為、重粒子線治療とも呼ばれているのがこのレーザー治療です。
また、「レーザー治療」と聞くと、美容外科や皮膚科でのシミやあざ等の治療もしくは、鼻炎や鼻血の治療等に使われているイメージが強いようですが、以前から癌治療にも有効的に利用できる治療方法として研究が進められています。


レーザー治療とは

特徴

レーザーメスと呼ばれていたこともある治療方法で、脳腫瘍の治療や網膜剥離、レーシック、腫瘍切除 皮膚形成術などの繊細さが要求されるような場面で用いられることも多い技術です。
がんの治療には、レーザー光線を使用するのが特徴で、癌細胞だけに照射することが出来ます。そのため、内視鏡治療や検査で使われるスコープにもレーザー照射が可能な装置が取り付けられている事があります。小さな病変でも、カメラで異常部位を発見したら、その場ですぐにレーザーで切り取ると事が出来ます。

メリット・デメリット

ごく限られた部分のみに作用させることが出来るため、周辺の正常な細胞に影響を与えることなく治療を進められるのがメリットです。また、内視鏡を使った胃カメラや大腸カメラのように検査器具に搭載する事が可能な大きさなので、検査をしながら同時に治療や組織の一部を採取する事ができます。
しかし、従来からある腫瘍を焼き切るタイプのレーザー治療は、腫瘍を焼き切るという治療方法で少なからず体を傷つけ可能性があります。そのため、温存治療を望む人が増えた現在では使用頻度が少なくなっているのが現状です。

レーザー治療の種類

光線力学的治療法(PDT)
腫瘍焼灼法

治療方法としては効果的ですが、温存治療という観点から外れるため、現在ではあまり利用されなくなってきている治療方法です。
腫瘍焼灼法は、高出力で照射されるレーザー光線を使い、癌細胞や腫瘍部位を焼き切ります。反対に、光線学的治療法は、低出力の低出力レーザーを使います。この光線学的治療法の特徴は、体の外からレーザー光線を使い異常部位の細胞のDNAに働きかけて分裂できないようにしてしまうので、温存療法にも適した治療方法です。代表的なものには内視鏡レーザーがあります。


内視鏡レーザー治療

内視鏡レーザーは、現在でも比較的用いられているレーザー治療の一つです。
胃や十二指腸といった消化器官もしくは大腸や小腸、十二指腸の内部に内視鏡を挿入して内部の状態を調べるのが内視鏡検査です。この検査の途中で内部に異常が見つかれば、内視鏡にレーザー照射装置を挿入し、がん細胞をピンポイントで攻撃します。
この方法では、病変部位を完全に焼き切ってしまう為、病変部位を採取してがんの進行具合や状態を検査する事ができません。その為、現在ではレーザーより鉗子やロープワイヤーで切り取る方法が好まれています。